(C) 2016 Keiko Nishiyama Limited

For Sping-Summer Collection 2016, Keiko draws inspiration from The Butterfly: the feminine emblem for grace and delicacy due to it's fine structure. These elegant creatures flitted through Keiko’s imagination into her cabinet acting as the initial foundation for development and reinvention
 

2016年春夏コレクションは、昆虫標本からインスピレーションを得ました。細かい模様と優雅さと繊細さのための女性の象徴です。学術名「Lepidoptera」として知られる蝶は、色と形の探求し、アフリカのエキゾチックな国に誘います。アフリカの伝統的な民族衣装からインスピレーションを得て、詩的で情熱的な女性像を表現しています。自然物と人工的な要素を融合するという一貫性は、彼女の水彩画で描かれた創造物とプリントで置き換えて表現されています。彼女の様々なプリント技術、異素材、そして、様々な品種と異国から集められた生物を融合させて、絵の中で作り出された珍しい創造物たちは –KEIKO NISHIYAMAの陳列室内に命を吹き込まれ陳列されます。

 2016春夏コレクションは、蝶々のひらひらと羽ばたく動作が女性らしさを強調します。繊細な女性らしさを表現することで、日々何が美しいのか、それが何をコミットしているのか疑問視することができます。

1/1