(C) 2016 Keiko Nishiyama Limited

This collection born from the English picturesque gardens. The garden would be compared to an anthology of art. In the 18th century, despite the British devotion to naturalism, featuring such as ruins and follies hybrid flowers became gradually more and more ornamental. The idea that the inclusion of artificial elements, in fact, contributes to the concept of a ‘naturalistic garden’.
 

2014秋冬コレクションは風景画のように庭の中で遠近法が用いられ、 衣服に距離の錯覚を作り出しました。遠近法のコンセプトは、この不均衡を修正し、視点と消失点の間の隙間を慎重に着色して使用することによって構成されています。英国の美しい 風景式庭園から生まれたコレクション。 このコレクションは芸術のアンソロジーと名付けられています 。 18世紀、自然主義へ傾倒して、廃墟や自然に植えられた植物を庭園に配置して、風景画のような究極な自然美を追求したことに由来しています。自然主義的なイタリアの風景画家の影響を受けた「パースペクティブ」の手法です。 絵画的な庭園内での視点と同じように服の上に距離の錯覚を作ります。 風景庭園に植えられた植物は9000種類以上の輸入品種と200種類の原産品種がありました。 300年も前の植物史に直接触れることを可能にし、新しい花が混じった奇妙な世界観を作り出す『ハイブリッド品種改良の植物』を描いてプリントに起こすという発想に至りました。 花を並べ替え、再配置するために、Photoshopを使用して距離錯覚を作成したプリントはつま先から頭にかけて、体が花々に覆われてあたかも草原にいるようです。自然美を追求した上に人工的=品種改良要素を含めることは『驚異の部屋: キャビネットオブキュリオーシティ』を思い起こさせます。

1/1